FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実店舗がある場合のWEBマーケティング戦略
2008.01.14(Mon)
ネットで服は売れない

これまでは試着ができない事や素材の確認ができないこと等が理由で、ネットで服は売れないとされてきたが、調査の結果、商品の品揃えや店舗の場所の確認など下調べに利用している事が分かった。

実店舗でネットへ集客、ネットで実店舗へ集客

実店舗の役割

・商品を手に取り生地感を感じ試着。
・気に入った来店者にはその場で購入してもらう。
・まだ決めかねる来店者には再来店を期待する。
・来店客にネットの存在を告知。
・無料の会員サービスに登録してもらう。

ネットの役割
・店舗より多くの商品を展示可能。
・メルマガなどで実店舗の最新情報・限定クーポンなどの情報を伝える。
・実店舗で見たり試着したことのある商品をネット購入してもらう。
・実店舗では決めかねて購入しなかったが、後から欲しくなりネットで購入。
・忙しくてなかなか買い物にいけないお客にネットで購入してもらう。

実店舗とネットお互いの利点を伸ばし欠点を補うことで相乗効果があがる。
それぞれの役割を明確に持たせることが売上げを伸ばす。
コメント

秘密にする
 
TrackBack


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。