FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人の心を動かすマーケティング
2008.02.24(Sun)
■マーケティングとは
「人の心を動かす価値を提供すること」

「誰に何をしてあげれば、喜んでもらえるのか?」を考えて実現することが、マーケティングではないかと思います。
・心をこめて作った手料理に、あの人は感動してくれた。
・あの人の言葉に、強く勇気づけられた。
こんな経験は、既にマーケティングを体感できています。

マーケティングは、自分・家族・友達・恋人・同僚・上司・顧客・見知らぬ人などあらゆる人々に心を動かす価値を創造し提供することです。

■マーケティングを支えるには3つの要素があります。
「誰に何をすることで喜ばれ、その結果、収益をあげるか?」

企業活動において人の心を動かす価値を創造・提供するためには、
以下の3つの要素を踏まえている必要があります。

1.心を動かしたい人を特定し、その人のような気持ちになる
2.心を動かしたい人は何をすれば、幸せになるかを考える(提供すべき価値)
3.その結果、どのように収益が上がるかを考える 

マーケティングは「誰に何をしてあげれば、喜ばれるか?」を実践し“その結果もたらされる収益”までを考えることとなります。
私たちは、売上や収益が目標に掲げられると、つい目の前の“収益”に着目し、“顧客の心を動かす”ことを忘れがちになりますが、そういった意味では、マーケティングを通じて、究極の人間性を試されるのかもしれません。
コメント

秘密にする
 
TrackBack


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。