FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男女の買い物の行動パターンが違う?
2008.04.01(Tue)
便利さ、手軽さから、オンラインショッピングは今や私たちの生活の中に深く浸透しています。

そして「売れるオンラインショップ」を目指して、ECサイトが凌ぎを削っていますが、ユーザーのサイト内行動を知る必要があります。

はたして、男性と女性で、ECサイト内の行動に違いはあるものなのでしょうか。

アイトラッキング分析では、「ECサイトにおいて男女の行動に違いはあるのか」を検証すべく、以下のテストを行いました。対象サイトは、日本最大のECサイト、楽天市場としたものです。
ECサイトで好まれる要素


女性被験者の視線・行動をまとめると、
1. 商品だけでなくパッケージも含めて画像を見ている
2. 「Luxeなショコラ」「デザインチョコ」など、(スペックを紹介してはいないが)抽象的でも商品のイメージを連想させる文言に惹かれる

男性被験者の視線、行動をまとめると、
1. 男性は検索窓を利用する
2. ランキング・売り上げなど、データ情報を注視する
3. 「セット/詰め合わせ」「ギフトセット」など内容を示す文言に惹かれる。

女性は商品のイメージやコンセプトを重視し、男性には事実を伝える商品提案が必要なことがわかります。

これらの男女の行動特性を踏まえ、ECサイトの画面設計を行うと有効だと言えるでしょう。
【CNET Japanより】
コメント

秘密にする
 
TrackBack


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。