FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顧客名簿を作る最大の目的とは?
2008.06.20(Fri)
顧客名簿を作る最大の目的は、DM発送などのマーケティングに活用することです。

(例:飲食店の場合)
1.お客様の名前と連絡先を羅列するのではなく、できるだけ詳しい情報を記しておく。
・最新来店日
・利用金額
・注文した料理
2.DMを発送する際、アピール度も高める
「○月△日のご来店、ありがとうございました。あの時、召し上がられた××のお味はいかがでしたか?」など具体的な文章を書くこと

■名簿の重要な役割
お客様を最新来店日や来店頻度によってランク付けし、DMの発送回数をコントロールすること。
・最新来店日が近く、頻度も高い・・・・・Aランクのお客様には年3回
・最新来店日は近いが頻度がそこそこ・・・Bランクのお客様には年2回
・しばらく来店しておらず頻度も低い・・・Cランクのお客様に年に1回

DMについては、一般的に、最後に来店した日から浅い方ほど効果が高いといわれる。
(注目)
1.最後の来店日・・・重視する
2.来店頻度・・・・・以前来ていたお客が遠のいた場合、他店に奪われた可能性が大きい。
(これだけ記録していれば十分)
1.最新来店日
2.来店頻度

■顧客の削除について
最後の来店から2~3年は経過しており、DMへの反応もまったくないお客様については名簿から削除する。

■DMへのリアクションがない場合
・お客様の住所や連絡先などが変わってしまった可能性がある。
・特定の起業のお客様が多い店なら、新聞の人事異動欄をチェックしたり、常連客や職場仲間より移動情報を入手するように努める。

■お客様のデータを廃棄する場合
・氏名や住所が書かれたハガキや紙面上の名簿などは必ずシュレッダーにかけること。
・データを入れたCD-ROMは割るなどして、第三者が読み取れないようにする。
(日経レストラン参考)

最新来店日でランク付けし、半年に1度は整理をしましょう!
コメント

秘密にする
 
TrackBack


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。