スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理写真を上手に撮るコツ!
2008.07.02(Wed)
メニューブックに使う料理写真は非常に重要ですが、お客様は見た目で判断するので、美味しそうに見えない写真では逆効果になります。

そこで、プロ並みの知識や一眼レフカメラなどの高価な機材がなくても、美味しそうに見える写真を撮影する方法があります。

迫力を出し、料理を大きく見せるため、できるだけアップで撮る。
刺身


アップで撮るときのコツ!

1.カメラのオートフォーカスを外し、マクロ機能を使うとうまくいく
2.少しくらい周囲がボケていても、その方が雰囲気が出る。
3.カメラにマクロ機能が無いため、ピントがボケてしまうといった場合は、少し離れたところから望遠機能を使って撮ってみると、迫力のある料理写真になるはずです。
4.高さのある料理は、真上に近いところから撮影するよりも、斜め45度くらいの角度から撮った方が立体感を感じさせる写真になります。

光を使うコツ!

1.撮影はできるだけ自然光を使える日中に行う方が好ましい。
・ストロボを料理に直接当てると、影ができてしまい、素人写真に見える

2.直射日光は強過ぎるので禁物
・レースのカーテン越しなど、日光が直接当たらないところが最適です。

3.外光が入らなかったり、日中に撮影ができない場合
・ストロボを使わずに照明を明るくした上で、反射板を使って料理に光を当てる
(反射板を使うことで光が料理全体に回り、明るい写真が撮れる)

・使う反射板は、大きくて白いものなら何でもOK
(板状の発泡スチロールや、大型のカレンダーの裏でも代用できる)

※料理の場合のポイント
1.料理の表面を乾かさないこと。
2.刺身などは、表面にみりんを塗っておくとツヤが出てきれいな写真になる
(日経レストラン参考)
コメント

秘密にする
 
TrackBack


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。